うつ病の原因について

備えあれば憂い無し

考える女性

うつ病の原因についての考察です。 うつ病の原因は主にストレスといわれていますが、普通に生活していれば、ストレスは付きまとうものですが、上手に付き合える人もいれば、そうでない人もいます。後者に属する人は、うつ病になりやすい人でしょう。そういう人が、いかにストレスと上手に付き合えるようにするか、これからは社会的な理解や支えも必要になってくるでしょう。そのように出来れば、社会全体の生産性や競争力に加え、幸福度も上昇してくるはずです。 日常的なストレスについては、事前にシミュレーションしておくことも大切かもしれません。万が一の事態に陥った際のシミュレーションを繰り返すということ。良い言い方ではありませんが、予防線を張るということです。

ストレスに対する備えとして、シミュレーションが大切と書きました。 例えば結婚や家族との死別に際したときに、動揺しない人はいません。誰もが心理的にも肉体的にもどっとストレスを感じることでしょう。これがうつ病の原因となるケースが多いのです。 それが避けられないものだとするなら、予めシミュレーションをしたり、辛いときにするべきことを決めておくのも効果的といえるでしょう。 例えば辛いときにする動作、読む本、聞く音楽を予めメモしたりしておくと、必要以上に動揺することがありませんし、それに身体的な動作を加えておくと、ストレス軽減により効果的といえるでしょう。そうして不調の原因を予め科学的に分析しておくことも効果があります。 考えても解決しないストレスは、頭よりは体で解決するのが良いはずですから、辛いときは動くというのが大切になります。