原因と発症パターン

定年後に発症するパターン

抱き合う

うつ病の原因として、環境の変化による場合があります。最近増加しているケースは、働いていた人が定年を迎えてから、うつ病を発症するケースがあります。定年前までは、働く事が生きがいになり、仕事を通じて社会に貢献する場が提供されています。しかし、定年を迎え、日々する事がなくなる、人との関わりが極端に減少する事が原因になったりします。定年後、うつ病になる事の予防としては、自分の趣味を見つける、仕事以外で社会に貢献する場を作るという事が大切になります。例えば、仕事をしながら、町内会の役割を引き受ける、町内会の行事に参加する事が挙げられます。また、趣味を通じて、多くの人との関わりを多く持つ事も、うつ病を防止する上で重要な事となります。

環境の変化によるケース

会社員には、環境の変化はつきものです。しかし、環境の変化により、うつ病になるケースがあります。出世や昇級により、責任のあるポジションになるケースでは、「仕事で失敗したら」というネガティブな思考が強くなる性格の人もいます。このネガティブな思考を繰り返す事により、うつ病を発症してしまうケースもあります。また、部署異動等も原因になるケースもあります。部署異動では、あらたな人間関係を作っていかなければならない、早く仕事を覚えなければならないと思い込みすぎて、ストレスがたまります。そのストレスが原因でうつ病になったりします。部署異動した場合、職場で同僚に気軽に相談したり、趣味を楽しんだり、週末は息抜きする時間を取る等が大切な事となります。