うつ病の原因について

考える女性

うつ病になりやすい人はストレスに弱い人ですが、予めストレスとなりえる事象に対してシミュレーションや準備を重ねておくことで、うまくストレスと向き合うことが可能となります。ストレスや体調不良の原因を、事前に科学的に分析しておくことも大切です。

詳細

心を楽に保つ

頭を抱える女性

うつ病を発症した場合、医師の指示で適切な治療を行うことによって、完治させることは可能です。また、予防法として最も効果的な方法は、自分の感情をなるべく我慢しないことが大切です。

詳細

うつ病の原因の違い

私がうつ病になった原因

悩む男性

うつ病は人の性格や環境などによって原因は異なりますので私自身について書いていきたいと思います。私は仕事で主任に昇格した頃から責任も重くなり仕事量も増えて部下と上司の板挟みなど、精神的に負担を感じる日々を過ごしていました。 そして主任であるため「ミスは絶対に許されない」と思い、夜中まで勉強したり部下の仕事を積極的に手伝ったり自己犠牲の精神で仕事に取り組んでいたと思います。 結果少しのミスでも自分が無能な人間であると自分を責め、うつ病の原因となる生活を自ら実践していたのです。 うつ病について、その原因について知識を持っていればと後悔していますが、うつ病は真面目な性格で自己犠牲の精神を持った人が過剰に自分を責める事が原因で罹る病気だと私の経験から思います。

悪化につながるもの

そしてうつ病は自分を責める事でさらに悪化します。「自分は何の役にも立たない」と悪化したら自殺という命に関わる事につながっていきます。 さらに家族など周囲の人々の無理解も症状悪化の原因となります。うつ病の人に「弱い」「大したことない」と言うのは癌の人に同じ事を言うのと同様です。自分を責めている人をさらに責め立てるような行動は決して許されません。 私自身も親や上司から責められたことがきっかけで「誰も分かってくれない」「自分は世の中の何の役にも立たない」と症状が悪化し、自殺未遂を起こした経緯があります。 さらに人間関係など職場環境の改善や勤務時間、誰も話し相手がいない事も悪化につながる恐れがあります。うつ病は常に頭の中でマイナスな事を考え続けている状態なので何もしていないように見えても疲れます。

脳が注目されるでしょう

うつ病はこれまで心の病気とされてきました。ストレスなど精神的な問題が原因となって心が上手に働かなくなった状態と考えられてきたのです。最近ではこういったうつ病の原因として新たな要素が浮かび上がっています。それが脳の機能低下です。 脳の機能が低下すると、気持ちが落ちこんだり考えがうまくまとまらなかったりといった症状が現れてきます。脳の機能は、実際精神的なストレスや過労などによって低下することが分かってきており、こうした要因がうつ病を発症させてしまう訳です。最近では脳の情報伝達物質についても研究がなされ、うつ病との関連が指摘されるようになっています。今後は、このような脳に注目したうつ病の研究や治療がさらに広く行なわれていくでしょう。

休息が必要な病気なのです

うつ病の原因となる脳機能の低下は、脳が極度の疲労を感じた場合などに起こります。こういった疲労を改善するためには、まずは休息が必要になるのです。うつ病の治療では、どうしても抗うつ剤に頼りがちになります。ですが、こういった抗うつ剤は依存性も少なからずあるため、薬以外の対策も取り入れるのが賢明です。 うつ病を治療する際には、薬に依存しすぎないという注意をすることが大切になります。休息をとり脳を休めてあげることで、大量の抗うつ剤に頼らなくても症状を改善していける可能性があるのです。うつ病の場合にも他の病気と同様に原因を押さえることで、より現実的な治療が可能になります。抗うつ剤はあくまでサポート的な役割で使っていくことが大切になります。

先生と患者

うつ病の原因をみる

うつ病は、特別な病気ではなく誰にでも起こりえるものであるようだ。その原因には、ごく身近な環境がその大きなものとして考えられてようである。例えば、学校、仕事場、家庭内、地域などである。

抱き合う

原因と発症パターン

働く事が生きがいで、定年を迎えてから、うつ病になるケースがあります。また、出世、昇級、部署異動等もうつ病の原因になりえます。予防方法としては、趣味を大切にする事や会社以外の人との関わりを大切にしていく事が挙げられます。

一緒に歩く

原因は置いておく

うつ病の治療は精神科や心療内科に診てもらう事で回復させる事も可能であり、そう言った扱いを行っている所を探して利用すると良いのです。近年ではうつ病の原因としても細かく研究が進んでいて効果的な治療も受けられます。